舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”【初級Ⅱ】

2016年08月11日

舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”入門Ⅱ
Training based on“SUZUKI TRAINING METHOD”

奥野晃士(おくのあきひと)氏による
舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”【初級Ⅱ】

~Training based on〝SUZUKI TRAINING METHOD"~
を、9月25日に開催します。

俳優やパフォーマーの間では、
とても有名なメソッドですが、
関西では、なかなか体験することができません。

ご縁があり7月に大阪で開催させていただき、
2回目を9月、3回目を12月に継続開催させていただくことになりました。

表現者が舞台に立つ時の“存在感”を増す為に重要な、
身体のエネルギーを高めることを第一の目的としています。

無駄のない的確な身体情報を発信することで、
よりリアルなメッセージを観客に届けるスキルの習得を目指します。

俳優やクラウン、パントマイマー、大道芸、
アクロバット、ダンサーなどパフォーマーの皆様に、
ぜひ御体験いただきたいワークショップです。

舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”
Training based on“SUZUKI TRAINING METHOD”

【日時】2016年9月25日(日)
入門Ⅱ 13:30~16:30
(時間が変更になりました)

【会場】弁天町ORC200生涯学習センタ- スタジオ
大阪市港区弁天1-2-2-700(オーク200ビル内2番街7階)
JR・地下鉄中央線「弁天町」下車

【参加費】5,000円

【講師】 奥野晃士(おくのあきひと)氏
(SPACー静岡県芸術センター)

【持ち物】 動きやすい服装 半ズボン(またはスパッツ)足袋(たび)

【申し込み】https://ws.formzu.net/fgen/S22227295/

初心者からパフォーマーの方まで、
参加者に応じてステップアップしていただきます。

次回、初級Ⅲは、12月4日(日)

ぜひ、継続してご参加ください。


◆講師の奥野氏をご紹介します。

奥野晃士(おくのあきひと)氏(SPACー静岡県芸術センター)
1994 年より大阪で劇団を主宰し、作・演出を手がける。
2000 年よりSPAC -静岡県舞台芸術センターで活動開始。
主な出演作品に、鈴木忠志演出『イワーノフ』(イワーノフ役)、...
城聰演出『夜叉ヶ池』(山沢学円役)など。
またNoism 金森穣演出振付の劇的舞踊『カルメン』(旅の学者・メリメ役)や、
Noism 0(ゼロ)への参加で、
舞踊と演劇のジャンルを超えた
新たな取り組みへの出演でも注目を集める。


さらに「リーディング・カフェ」
「ふじのくに歴史演談」
「動読(どうどく)」
「舞語り」など、
自ら立案した新企画も好評。


2014 年よりスイスに移住し、舞台演出、出演の他、
公立大学の演劇講師としても高く評価される。

2015 年より
「街援隊(がいえんたい)アート・ムーブ」の活動を始動。
街と演劇の結びつきについて新たな境地を目指している。


◆スズキ・トレーニング・メソッドって?

モスクワ芸術座やニューヨークのジュリアード音楽院など、
世界各国の劇団や学校で学ばれている演劇訓練法。

鈴木忠志氏が、戯曲のせりふや演劇的シチュエーションを
身体感覚で裏付けることの重要性を説き編み出した。

独自の俳優訓練法から創られるその舞台は
世界の多くの演劇人に影響を与えている。

************************


表現者が舞台に立った時の存在感に大きくか関わる、身体のエネルギー
舞台に立つパフォーマー、また表現者でなくても、人前に立つ方は、
必ず身につけたい技術だと思います。

奥野氏は、スイスの有名演劇大学で、
日本を代表する演出家鈴木忠志によって考案された
『スズキ・トレーニング・メソッド』をベースにしたワークショップを行い、
日本の武道の心身統一法と、
インプロビゼーションの実戦的ゲームを用いて
表現者の技能の向上に役立てて来られました。

お集まりいただいた参加者の皆様に合わせながら、
これに準じた内容になるで予定です。

1回目も、定員いっぱいのお申し込みをいただきました。
どうぞ、お早目にお申し込みください。

申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S22227295/

カクテルホイップ  


Posted by カクテルホイップ at 22:22Comments(0)イベント・講座情報